現代的な埋葬

墓石

昔の日本では身内が亡くなると葬儀を盛大に行い、沢山の参列者を招き多くの人々で弔ってあげるのが当たり前でした。通夜、告別式後は四十九日までに先祖代々から続く墓に埋葬し、成仏させてあげるのが一般的な流れだったのです。しかし現代の日本ではこうした旧態依然の葬儀、埋葬を執り行わない人も徐々に多くなってきているのです。それは両親と同居型の家族がほぼ皆無になり、核家族化が進んだことが色濃く影響しているとも言えるのです。親戚や家族と遠く離れて暮らしていることも多く、状況的に同じ墓に入ったり、盛大に親戚を呼んで葬儀を行えない状況にあるのです。そのため埋葬後も墓守する人がいないこともあって、埋葬自体を散骨ですることを強く希望する人も増えているのです。散骨であると遺族はいちいち墓の手入れやお参りをしないで済むメリットが得られるのです。

墓守の手間暇がかからない散骨は、核家族化が進んだ日本で非常に便利な埋葬方法ですが、地域や自治体の条例によって大量の骨を撒くことや、散骨自体を禁止している地域もあるので、事前に充分調べて行うことが大事です。また散骨に並んで最近トレンドの埋葬方法があるのです。それが樹木葬と言うものです。樹木葬とは広大な緑や花が咲き誇る公園の様な場所に、他の多くの人と一緒に埋葬されるスタイルを言うのです。墓石などは一切見られず、サクラなどの大木がお墓のシンボルとなるのです。一見すると非常に綺麗な公園であり、お墓の暗いイメージは一切ありません。また庭の様な感覚で気軽に遺族は遊びに来ることができるのです。墓石を掃除するなどの手間暇がなく、遺族にとっても優しい埋葬の方法となっているのです。